仕事として社会保険労務士を見てみると受験資格が見えてくる

社会保険労務士の受験資格は、いろいろ存在しますが、事業を営む個人の従業者として労働社会保険諸法令に関する事務に従事した
期間が通算して3年以上という規定があるわけです。
つまり3年仕事をしていけば、受験資格になってくるわけです。
これはとても大きなものであり、合格後に登録する場合、
2年以上の実務経験がある場合には研修を受けなくてもよいということがあるわけです。

高卒にとって社会保険労務士を目指すのであれば、これほど大きな用件はありません。
試験に合格しても、とかくお金がかかり、30万円程度は用意しておかなければいけないことを考えれば、
この研修を外せるだけでも7万円の違いが出てきます。
そして、受験資格にもなってくるのですし、実務でいろいろなことを覚えてくるのですから、
修行として何ら問題があることではないはずです。

問題はそういったところに就職できるかどうかになるでしょう。
簡単にはいかないものです。
ですが、目標を持っているのですから、探し出してチャレンジしてみるというだけでも価値があるはずです。
行政書士などの資格試験をとるとしても、法律に関して専門の教育を受けているわけではないのですから、
大きなハンデになるのも間違いないのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>