行政書士は社会保険労務士を目指す場合の登竜門か

高卒で社会保険労務士を目指そうとする場合の王道は、やっぱり行政書士の資格取得だといえるでしょう。
元々は一つの資格であったために、行政書士や司法書士などを持っていれば、受験資格になってくれます。
行政書士は高卒でも受験できるところに強みがあるわけですし、司法書士補度は難しくないということもあるのです。

といっても、行政書士の試験はとても難易度が上がってきているために、司法書士試験に近づいてしまっています。
さらに難点は、高校卒業では、法律に関して専門的に教育を受けることはまずなかったということです。
これが大変大きなネックで、壁になるのはわかるでしょう。

法律という世界には、独特の表現や考え方が存在し、とりあえずやってみようかといっても、
入り口から通してくれないような世界です。
合格しなければ、社会保険労務士にはなれないと考えるのであれば、
普通の人よりも気合だけは十分入るはずではありますが、気合で受かるほど甘くないのです。

そこで、一気に近づこうと思わず、法律系の民間資格などを勉強しながら、
行政書士を受験し、合格を目指すことが、高卒では基本線です。
その中でも基礎法学なども問題に入ってくる、ベーシックコースがおすすめです。
別にこれを受験しなくても、勉強するだけで、かなりの力がついてくるものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>