社会保険労務士を目指す勉強方法はどれがいいか

社会保険労務士をふくめ、資格の勉強をしていくには、資格学校や、通信教育という方法も存在します。
これらの方法は、独学と違い、道筋がはっきりしているのです。
高卒の場合、どうしていいかわからないということもあったりするわけですから、
専門家の指導を受けてみるということもいいものなのです。

ただ、お金がかかることは覚悟しておかなければいけないことです。
例をとれば、行政書士から社会保険労務士まで、資格学校で取得を目指すと仮定します。
どちらも一番安いコースなどを選択しても10万円近くはかかるでしょう。
直前答練などを入れていけばさらに高くなるわけです。
ここで30万円程度は覚悟しなければ、どんなに安くしても無理です。

では通信教育はと考えれば、どちらも5万円前後から出てきます。
さらに働きながらでも時間の融通さえ自分でできれば勉強していけます。
これが通信教育では大きなメリットといえますよね。
中にはDVDなどもついているの、それを見ながら勉強することによって、
授業を受けている感覚になれるものまであるのです。

テキストも学校も、使い方次第で、武器になってくれるものです。
そのためには対価がかかるわけですから、予定を考え、
計画を立てていかなければ合格なんか見えてこないものなのです。
社会保険労務士独学対策ルーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>