社会保険労務士にかかわるインターネットの情報は信じられるか?

インターネットなどで、社会保険労務士や行政書士を調べてみると、合格できないものではなく合格できなければだめだとか、合格したとしても食べていけないだとか、いろいろな噂があるものです。
調べれば調べるほど嫌気がさしてきたりしますが、その人は自分ではありません。
これが重要です。

受験者には皆バックボーンがあり、法律がわかるような立場についていたり、または勉強した経験でもあれば、とっつきにくいものではなかったりしますが、初学であったりすれば、簡単になど行くわけがありません。
そんな甘いものではないのは、勉強している人間ならわかります。
そして、そういった人たちが、何日間の勉強で合格できるなどという話も、同じように重さなどない言葉だと考えなければいけないのです。
書き込むのは自由ですが、その言葉に責任などなく、どんな人間が書き込んでいるのかもわからない、本当に意味のない情報だと理解するべきなのです。

その一方で、試験についての有益な情報だって数多くあるものです。
過去問などはいくらでも出回っていますし、試験に関するだけではなく、その後の方向性に至るまで正確な情報も星の数ほどあったりするのです。
インターネットの情報は玉石混交なのですから、選別できるだけの力も必要になってくるのは、一般的な情報と同じことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>