社会保険労務士試験のインプット・アウトプットはこだわるべきか?

高卒であろうと大卒であろうと、試験日は平等にやってきます。
泣きが入りそうなものですが、時間ほど平等なものはないでしょう。

そこで、試験日から1か月~2か月前には、仕上げの段階に入っているはずです。
この段階で仕上げといえないのであれば、準備不足だということを自覚しているのではないでしょうか。

演習問題や直前予想問題などを解きながら、実力を養う状況になっているはずです。
一般的にはインプットしたものを履きだすといわれる、アウトプットの時間です。
それが果たしてあっている勉強方法なのか、誰か保証してくれますか?
何が言いたいかといえば、それだけでは足りないのです。

アウトプットは大事なことですが、間違った部分の扱いが一番の問題です。
同じ問題を2度やってみたら、同じところで間違えているかどうか、怪しい答え方をしているかどうか、そんな判断をしているでしょうか。
これは社会保険労務士の試験だけではありません。
行政書士でも同じことです。
何度も同じ問題を解いていれば、だんだんと慣れてきて答えも覚えますから、間違いはなくなっていくはずなのに、どうしても引っかかるところが見えてきます。
それを補強していくことが重要になってくるのです。
できるだけ同じ問題を繰り返し、全問正解できるようになれば、次に移っていく。
そんな方法をとっていくと、インプットだのアウトプットだとこだわらなくても、きちんと理解できるようになっていくものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>