高卒が社会保険労務士を輝く看板として取得できるか

高卒ということは、今では当たり前のレベルになってきました。
何か珍しいものでもなく、最低限の学歴とも呼ばれたりします。
しかし、最低限という割には、最終学歴が高卒という方は、とても多いわけです。
では、とても多い高卒というところから、一歩でも抜け出そうと思ったら、同じことをやっていてはだめですね。
一番の武器になってくるのは、誰もが認めてくれるものになってくるわけです。

世間的に認知されているものを看板として輝けば、学歴など誰も気にしてみなくなるのです。
だったら何か看板になるものをとって、高卒だってできるのだということを見せつければいいのですが、
そんな簡単じゃないから世間も認知して輝いて見えるわけです。

社会保険労務士を目指すということも、この輝きになってくるといえます。
簡単のように見えて簡単ではなく、個人よりも企業に認知される国家資格。
そんな資格を目指すことで、高卒などという評価は消えうせます。

だからといって、簡単なのか、高卒でも取れるレベルの資格が、世間から認知されるといえるのか・・・
様々な意見もあるでしょう。
社会保険労務士の試験は、高卒には高い壁ではありますが、
必ず役に立つ資格になってくれるものなのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>